札幌市周辺の老人ホーム紹介はワントップパートナー 札幌月寒店

札幌市周辺の老人ホーム紹介はワントップパートナー 札幌月寒店

特養入居の待機期間を短くするコツはあるの?①

特養入居の待機期間を短くするコツはあるの?①
特養入居の待機期間を短くするコツはあるの?①

特養入居の待機期間を短くするコツはあるの?①

★クエスチョン★

特養入居の待機期間を少しでも短くするために、何かコツというものはあるのでしょうか?

★アンサー1★特養入居の判断基準となるポイントを知ることから始めましょう

民間の高齢者施設は費用の問題がクリアできればすぐにでも入居できるところはあります。
しかし、割安感のある特養(特別養護老人ホーム)は数年待ちになることも珍しくありません。

特養は必要性の高い人から入居できるように、入居の基準をポイント制で定めています。介護度が高いほど在宅介護の困難性が加算されます。子と同居のケースでは必要性が低いと見なされます。さらに、居宅サービス利用が多いほどポイントは高くなります。
判断基準は自治体ごとに違いますので、ホームページや役所の介護保険の窓口で確認しましょう。

また、数カ所の特養に申し込みをすることは一般的です。待機者の数は実数の4~5倍になっていると考えましょう。地域によっては料金の安い有料老人ホームに入居者が流れ、特養に空きがあるところもあるようです。場所を広げて探してみるのも方法です。

もし、別の施設に入居して特養が空くのを待つなら、特養も持つグループ法人を検討するといいかもしれません。


老人ホーム 紹介センター で 10万円以下 の 費用 で 札幌 で探すなら
センチュリー21ベストホーム ヤマダ不動産 ワントップパートナー 札幌月寒店 まで
トップへ戻る